暁星、白百合学園、東洋英和、洗足学園等合格へ導いた

「ママのための名門女子小学校合格」サイト

女子小学校受験樹ママのアドバイス

息子が幼稚園時代、落ち込んだこととは・・・

投稿日:

小学校受験 「大きくて可哀そうね・・・」の一言で思い悩んだ私!

 

こんにちは。樹(いつき)ひかるです。

 

これは、息子が年中さんの時のお話です・・・

 

私は、息子が幼稚園に入園する時、
弱々しかったけれど、誰よりも背が大きくて嬉しく思っていました。

楽しい園生活がスタートして、
ちょうど、年中さんの時でした。

 

体操教室の時間に、
一年上のママから

 

なんと、

 

「息子さん、
大きくて可哀そうね。

 

小学校受験をする時、
子供らしくないわよね・・・」

 

と、想像を絶することばを
わざわざ話しかけてきたのです。

ガ~~ン・・・ショックでした!

 

それまでは、

「大きくて、羨ましい。」
と言われたことはあっても、

 

「大きくて、可哀そうね。」
と言われたことはありませんでした。

 

つまり、

 

大きいから子供らしくなくて
小学校受験に不利だということです。

 

正直、
落ち込みました!!

 

それが、現実だとしても、

 

相手を傷つけるようなことを
直接、本人に伝える人間性を疑いました。

しかも、身体に関することを。

 

視点を変えて楽になり、
次のことを心がけました・・・

・相手を傷つける言葉を発してはいけない。

・周りの人の話をそのまま真に受けてはいけない。

・自分がやってきたことを信じる。

 

何を伝えたいかというと、

 

小学校受験の準備を進めていると、
精神状態が不安定になることがあります。

 

そんな時は、
私のように周りの人の話に影響されやすくなります。

 

耳を傾けたとしても真に受けないようにして、
「そのような考えもありますね。」というスタンスにしましょう。

 

 

是非、ご家族との関わり、
保育園や幼稚園での生活、
普段の生活などを大切にしながら、
小学校受験の準備を進めてください。

お母様とお嬢様の両方が最も輝く未来を
いつも応援しております。

 

 

-女子小学校受験樹ママのアドバイス
-, , , ,

Copyright © 2017 「ママのための名門女子小学校合格」サイト All Rights Reserved.

Copyright© 「ママのための名門女子小学校合格」サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.