暁星、白百合学園、東洋英和、洗足学園等合格へ導いた

「ママのための名門女子小学校合格」サイト

女子小学校受験気づき、学び

ビックリ!息子の恩師、暁星小学校の安次嶺先生がテレビ出演。

投稿日:

藤井四段「負けました。」を言ってから強くなる!!

 

こんにちは。樹(いつき)ひかるです。

 

シェアします!!

 

先日、午後5時過ぎ頃、
偶然、息子とNHKを観ていたら、
突然、暁星小学校の安次嶺隆幸先生が登場。

 

 

「え~~」と二人でビックリ。

 

安次嶺先生は、息子の小学校時代の担任で、
1,2、5,6年の四年間もお世話になりました。

 

学校でも将棋を教えてくださっていて、
息子が在学中に、羽生善治先生が学校にいらしたこともありました。

 

本当に、心のある素晴らしい先生です。

 

先生は、

暁星ボーイとしてのあり方、
相手を思いやる気持ち、
応えは自分の中にある、
人生はいつからでも挽回できる、
諦めないこころ、粘り強さ

など、沢山のことを教えて下さいました。

 

さて、

 

テレビでおっしゃった安次嶺先生の言葉に
とっても感動したのでこちらにご紹介します。

 

-----ここから

藤井聡太四段が30連勝をかけた戦いの終わりに、

「負けました。」と言いました。

将棋は「負けました。」と言うと強くなるんです。

しかも、

この言葉を発するまでに、

藤井聡太四段は、

心をおりたたんで、
相手に敬意を示してジャケットを着て、
お茶を飲んで、
気持ちの整理をして、
心を落ち着かせていました

勝者が賞賛されやすいですが、
負け方にも美学があるんです。

感想戦というのは、
自分の気持ちを振り返るためのものです。

将棋は、
常に、相手のことを考え続ける競技なんです。

藤井聡太四段の強さは、

謙虚さ
探求心
です。

ここに、藤井四段の強さのヒミツがあります!!

-----ここまで

 

久しぶりに、
安次嶺先生の温かいお話を伺って、
改めて、息子は本当に幸せ物だと感じました。

 

これから藤井聡太四段は、
もっともっと強い棋士になるでしょう。

ファンの一人として、楽しみにしています。

小学校受験準備をされているお子さんも

自分の考えを発表することはとても大事ですが、
「私が・・・」と出しゃばるのではなくて、

「どうぞ・・・」という謙虚な気持ちも大切にしましょう。

 

是非、ご家族との関わり、
保育園や幼稚園での生活、
普段の生活などを大切にしながら、
小学校受験の準備を進めてください。

お母様とお嬢様の両方が最も輝く未来を
いつも応援しております。

 

 

-女子小学校受験気づき、学び
-, , , , , , ,

Copyright © 2017 「ママのための名門女子小学校合格」サイト All Rights Reserved.

Copyright© 「ママのための名門女子小学校合格」サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.